菊池がんクリニック

がん検診について

がん予防およびがん早期診断のための検診を受けませんんか?

他の医療機関では行っていない特徴ある検診を行っております。

詳しくは、当院までお問い合わせください。

 

INDEX

婦人科がんドック

当クリニックでは、婦人科がんの予防、早期発見、早期診断、早期治療を目指しております。

以下の検査は、日帰り検査となります。

 

血液検査 FreeDNA検査  血液中に含まれるDNA濃度を測定します。

             濃度が高いと詳しい検査が必要になります。

腫瘍マーカー検査

免疫学検査     NK細胞活性測定

          (がん細胞と戦うナチュラルキラー細胞の活性を調べます。)

血液一般検査    脂質検査、肝機能検査、腎臓機能など

画像診断

超音波検査 卵巣がん検査、乳がん検査(CT、PET検査を含む)

がん検診

子宮頸がん検診

子宮体がん検診

肺がん検診(痰の検査、CT検査)

乳がん検診

※必要に応じて、胃がん、大腸がん検診

がん遺伝子検査

がん遺伝子検査コース

この「がん遺伝子検査」というのは、先天的にがんになりやすい遺伝子を持っているか、親からがんになりやすい体質を受け継いでいるかを調べる検査ではありません。

現時点での遺伝子の状態が、悪い変化を起こしていないかどうかを調べる検査です。

 

                              詳しくはこちら

 

遺伝性乳がんと遺伝性卵巣がんのBRCA1/2遺伝子検査コース

遺伝性乳がん・卵巣がんは、比較的若い年齢で発症します。

この「BRCA1/2 遺伝子検査コース」というのは、遺伝性乳がん・卵巣がんの発症に関与しているBRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に病的変異があるかどうかを調べる検査です。

BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子に生まれつき病的変異があると、乳がんや卵巣がんを発症するリスクが高くなることが分かっており、 この病的変異のある遺伝子は、親から子へ50%の確率で受け継がれます。

結果は40日後になります。

 

                              詳しくはこちら