菊池がんクリニック ストレスケアセンター

分子標的治療について

 

<分子標的薬とは>

簡単に言うとがん細胞が増殖、転移するのに必要な手段を断ち切る薬です。

がん細胞が生きていくには、先ずどこかから栄養をもらう必要があります。それは主として血管からであり、がん細胞は自ら血管を新生する因子を分泌して血管新生を促します。この血管新生を抑制すると、がん細胞は増殖したり転移したりできなくなります。

二番目に、がん細胞は盛んに増殖していくために、がん細胞自らを刺激する因子を分泌しています。これは主として細胞の表面にあるアンテナがこのシグナル(因子)を捕えて、細胞内の核へ伝えられ盛んに増殖していくわけです。このシグナル(刺激因子)を遮断してしまえばがん細胞は増殖できなくなります。

大雑把にいうと上記の2つの方法によってがん細胞は無限に増大し、転移をするということです。

―詳しい図解は こちら を参照ー

 

これらの因子を抑制する新しい分子標的薬は、単独で使用することもありますが、主として抗がん剤と併用して使用します。

分子標的薬の特徴として従来の抗がん剤とは異なり、直接がん細胞を殺す作用は少ないので比較的耐性ができにくいということと、副作用も少ないという利点があります。しかし、副作用が少ないといっても、使い方によっては致命的な副作用も時として現れるので、がん治療に精通した腫瘍専門医によって投与されるべきです。

しかし、分子標的薬はどんどん新しい薬が開発され、日本では未承認であるものがほとんどです。従って外国から輸入することになりますが、この過程で違法な手段で入ってくる薬もあるので十分注意する必要があります。

また、インターネットなどを使って、このような薬が簡単に患者さん個人でも手に入ってしまう問題があります。患者さん個人はいくらがんの勉強をしている方であっても決して専門家ではないので、個人で勝手に判断して使用することははなはだ危険です。

また、コマーシャル雑誌やテレビまたは本(学術雑誌ではない)を出している医者だからといって、必ずしも腫瘍の専門医とは限らないということを心に留めておいて欲しいと思います。理論にも証拠にも基づかない”がん治療”を行っているクリニックの、藁をもつかむ思いを取り込むキャッチフレーズに惑わされないようにしてください。特に、インターネットやウェブサイトでの宣伝にはくれぐれもご注意ください。

当クリックでは、理論と証拠に基づいた分子標的薬による治療を行っている最先端のがんクリニックと自負しております。セカンドオピニオンはもちろん、がんに関するどんな相談も受け付けております。

ご遠慮なくお問い合わせ、ご相談ください。

  • お問い合せ
  • 電話相談