菊池がんクリニック ストレスケアセンター

他の医療機関で受けている治療方法や処方されている薬剤に疑問や不安を 
持つ患者さんのセカンドオピニオン先としても対応しています。
当クリニックのセカンドオピニオンについてご案内します。

 

セカンドオピニオンとは、例えばある病院で特定の患者さんを診ている主治医が、自分の診断と別個にほかの医療機関の医師に公式に診断を仰ぐことです。典型的には保険適用内の治療では治癒が難しいような病状の患者さんについて保険適用外の治療を打診するようなかたちで依頼されます。

当クリニックでは、セカンドオピニオンに対しては患者さんから直接話を聞き、治療経過などと突き合わせながら、前医での治療法に問題がなければそれをよく説明し、前医にお返しします。

しかし、当クリニックに来られる患者さんはすでに標準治療(保険適用内治療)を終了しており、現在わが国ではこれ以上の治療法はないからと新しい治療法(分子標的薬を含めた)を求めて来られる患者さんがほとんどです。したがって多くの患者さんは分子標的薬を含めた治療を自費で行うことになります。

この際大事なことは、分子標的薬が有効でないこともあること、そして通常の抗がん剤とは異なる副作用があることをよくご説明し、文書による同意を得たうえで治療を行います。

当クリニックに来られる患者さんの多くは、前医にて保険診療でできる治療をやりつくされて、他に保険でできる治療法がないので緩和ケアへと勧められ、納得ができなくて当クリニックにセカンドオピニオンを求めて来院されます。

当クリニックは、がん治療と緩和ケアを車の両輪のように考えています。つまりがん治療をしながら、痛み等がある場合はそれを緩和する処置を行うという考えです。がん治療と緩和ケアを別物と考えず、またその他の最新の治療法(放射線療法、ホルモン療法、免疫療法など)についてもきちんと知識を持ち偏らず、これらをトータルに治療に用いることが必要と考えます。

当クリニックでは、そうした観点から防衛医科大学校病院をはじめ近隣の病院と連携し(提携病院参照)、患者さん一人一人のがんに即した個別化治療に努めています。また手術が必要な患者さんは、当クリニックは手術設備がありませんので、逆にそれらの病院に患者さんを送り、院長みずから執刀して手術を行っております。

また、余命を告げられ、ショックを受けて来られる患者さんも少なくありません。緩和ケアを勧めると同時に余命を告げることは患者さんにとってどんなにショックであるかということを考える必要があると思います。

余命宣告はほとんどの場合不必要であると思います。患者さんのモチベーションを下げずに今後の余生について親身に語り合う必要があるのではと思います。

 

セカンドオピニオン実施回数