菊池がんクリニック ストレスケアセンター

「子宮頸がんなんて、まだ自分には関係ない」と思い込んでいませんか?
実は誰にでも起こりうる病気なのです。
しかし、子宮頸がんは数あるがんの中で、唯一予防するワクチンのあるがんなのです。

 

子宮頸がんワクチンについて

 

<子宮頸がんの原因>

子宮頸がんの発生部位は子宮頚部の入口で、主な発症年代は30~40歳代。原因は子宮体がんがホルモンバランスの異常や肥満、未妊娠など個人の健康状態に起因するのに対し、ヒト・パピローマ ウィルス(HPV)というウィルスであることがはっきり分かっています。

子宮頸がんはほとんどの場合初期には自覚症状がありません。そして近年、子宮頸がんになる年齢層のピークが30歳代へと変わってきています。(グラフ参照)

地域がん登録子宮頸がん全国推移値

<HPVとは>

このHPVはありふれたウィルスで、一度でも性交経験がある女性なら誰でも感染の可能性があります。

性行為によって主に子宮頚部に感染しますが、感染しても自覚症状がなく、9割の人は自分の免疫力により自然にHPVは消えてしまいます。

HPVには100種類以上のタイプ(型)があることが分かっており、ハイリスク型HPV・ローリスク型HPVなどに分類されています。その数多くあるHPVの中の一部のHPVに感染するとがんに発展する場合があり、10年ぐらい経過すると浸潤がん(まわりの組織を壊して広がっていく状態)へと進展します。

図にあるように、がん細胞になる前にウィルスを排除できれば問題ありません。そのため、ハイリスク型HPVの感染予防のためのワクチンの接種が、公費負担で受けられます。

正常な細胞が子宮頸がんになるまで

<子宮頸がんを100%予防>

公費負担のワクチン接種は13~16歳(中1~高1)の女児が対象です。それ以外の年齢の方でも、投与は可能ですが自費となります。

ただし、このワクチンにより100%予防できるのは16・18型のHPVによる子宮頸がんだけです。

HPVの種類は100種類以上あり、それ以外の型のウィルスで子宮頸がんを発症する可能性もありますので、接種したからといって安心せず、定期的な検診を受けることを守ってください。

  • お問い合せ
  • 電話相談